企業情報

代表あいさつ

代表あいさつ

 サマンの木では、主に大分市とその周辺地域にお住まいの精神障がい・知的障がい・身体障がいがあり、「働くこと」「学ぶこと」「楽しむこと」を希望される方に対して、自立に向けた知識・能力の向上を目指した支援を行います。
 さて「自立」とはいったいなんだろう?辞書で引く「自立」、各個々が考える「自立」はそれぞれだと思いますが、私たちは以下のように考えます。
 『自立とは、人間的な成長や夢・目標の達成といった自己実現、あるいは生活の質の向上を目指すものであり、他に依存しないことを意味するのではなく、むしろ積極的に他者からの支援を獲得する行為を含むこと。』
 その考えをもとに、スタッフが一丸となり常に目指していくものは「"働きたい""自立したい"という気持ちさえあれば、どんな人でも就職ができ、自立できます」と言えるサービスを提供することです。
 「不可能なことはない!」そう信念を持って取り組んでいきます。
 障がいがある方も、健常者でも、できないことを数えていたらきりがありません。大切なのは「できるようになる発見」をすることです!
 私たちは、利用者様の生活や人生そのものに関わらせていただきながら、ともに考え、ともに悩み、ともに喜び、そして、ともに成長することを日々願いながら支援を行い続けていきます。

代表理事 首藤 和彦

サービスの目的

サービスの目的

 利用者様が就労や訓練を通じて自立した日常生活や社会生活を営むことができるようになることはもとより、何でも相談できて、安心して集える「居場所」になればと思っています。
 ”今日一日ココで過ごして良かった”と思っていただける支援を日々目指していきます。

わたしたちの施設「サマンの木」を名付けるにあたって~

 歌い出しに由来する「この木なんの木」の別名でも知られる「日立の樹」は、ハワイ・オアフ島にある「モンキーポッド」という、樹齢約130年、高さ25m、幅40m、木の胴回り7mの大樹であり、俗称を『サマンの木』と言います。
 わたしたちが考えたのは、こんなにも大きく、暖かく、安心でき、包み込んでくれる『サマンの木』のような場所に「みんなで集まって、みんなで持ち寄って、新しいものに取り組んでいきたい!」そして多くの人々に必要とされ、愛される施設であり続けたいという想いから、この施設名を名付けました。

会社概要

会社名一般社団法人 SWライフ
所在地大分県大分市泉町12番12号
TEL097-578-8855
FAX097-578-8856
事業内容就労継続支援B型・生活訓練・グループホーム・指定特定相談支援事業・指定訪問看護事業
グループホーム  サマン春日 (就労継続支援B型)
サマン春日通信
訪問看護ステーションめばえ
SWライフ パンフレットダウンロードはこちら
訪問看護ステーション めばえ パンフレットダウンロードはこちら


スタッフブログ サマンの木
スタッフブログ  サマン春日